MENU

モビット限度額増額アップさせるには?

いくらまで借りられるのか、気になるところでしょう。
モビットは限度額800万円までと消費者金融の中では高額に設定されています。

 

  おすすめ順 年利 限度額 公式
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 500万円 申し込み
アコム
3.0%〜18.0% 800万円 申し込み
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 800万円 申し込み
レイク
4.5%〜18.0% 500万円 申し込み

 

■実は気にしてはいけない最大融資限度額

はじめに総量規制について説明しなくてはなりません。

 

消費者金融は貸金業です。
貸金業法に基づいた決まりがいくつもあります。
その中の一つが総量規制です。

”個人が貸金業から借り入れができる総額は年収の3分の1まで”

これが総量規制によって決められているルールです。

 

年収が300万円であればその3分の1の100万円が貸金業全体から借り入れができる金額の上限です。

 

この仕組みを覚えておきましょう。

 

モビットの限度額は800万円ではあるものの、その金額を借り入れるためには最低でも3倍の2,400万円の年収が必要です。
そう考えてみると800万円の限度額は気にする必要がない金額であることがわかるでしょう。

 

”ポイント”

返済ができる無理のない融資額が決定します。

 

■限度額が変わることがある!?

モビットに申し込みをすると審査によって融資限度額が決まります。
実はその限度額は必ずしも一定とは限りません。

 

状況によっては増額、減額、利用可能額0、そして引き上げることも引き下げることもできます。

 

〜限度額が上がる可能性とは〜

確実な返済を続けていると半年程度で限度額があがる可能性が出てきます。

 

増額を申請→別途審査が必要になります。コールセンターへ問い合わせが必要です。
限度額引き上げ→返済の実績を積むとモビットから「増額の案内」があります。別途審査が必要になります。

 

〜限度額が下がる可能性とは〜

減額を申請→コールセンターに問い合わせて融資限度額を減らすことができます。
限度額引き下げ→返済の遅延が続くとそれ以上の貸付は危険と判断され融資限度額が引き下げられます。

 

〜限度額が0になる可能性とは〜

返済の遅延が続き、連絡もつかず悪質な踏み倒しと判断されると限度額が0となり、現在以上の借り入れはできなくなることがあります。

 

■必要最低限の希望額が審査を有利にする

大きな金額を希望するとそれだけ審査は慎重に行われます。

 

例えば30万円の希望額で申し込みをして、収入や支出などの返済能力を考慮しても20万円までが限度となる場合。
審査は否決となるのではなく、限度額20万円で審査結果がでます。

 

しかし、最低限必要な金額を希望すること、それが審査をスムーズにするコツでもあります

 

■モビットの増額は有効?

通常大手消費者金融では増額は会員ページから申請ができます。
もちろん審査が行われるものの、増額申請でも通常申し込みと同じく最短30分ほど(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)で審査結果がわかります。

 

ところがモビットの増額はコールセンターに連絡し、そこから審査が始まります。
コールセンターの営業時間は9時から21時と長いものの、増額審査結果の連絡には3営業日程度かかる傾向があります。

 

他社からの借り入れを増やさずにモビットだけで借り入れを完結するのは悪いことではありません。
しかし、急ぎの場合にはプロミスなどスピードだけではなくサービスも充実したキャッシングを検討するという方法もあります

 

 

モビットはこちら